CARADA総合利用規約

「CARADA」総合利用規約(個人用)

この規約(以下「本規約」といいます)は、株式会社エムティーアイ(以下「当社」といいます)が提供する、お客様に関するヘルスケアデータのクラウドサーバ(以下「CARADAプラットフォーム」といいます)上での保存、管理及び閲覧並びにヘルスケアに関する情報提供その他のサービスにより構成される各種サービス(特約条項記載の各サービスを含み、以下「本サービス」と総称します)に係る利用条件を、お客様と当社との間で定めるものです。

第1条(規約への同意)

1. お客様は、本規約及び「CARADA」プライバシーポリシーに同意のうえ、本規約の定めに従って本サービスを利用しなければなりません。なお、同プライバシーポリシーも、本規約の一部を構成するものとします。

2. お客様が、本規約及び「CARADA」プライバシーポリシーの内容に同意することにより、当社とお客様との間で本規約の内容に従った本サービスの利用に関する契約(以下「本契約」といいます)が成立します。

3. お客様が未成年者である場合は、親権者など法定代理人の同意を得たうえで本サービスを利用してください。本規約に同意した時点で未成年であったお客様が、親権者など法定代理人の同意を得ないまま、成年に達した後に本サービスを利用した場合、未成年であった期間の利用行為が本規約に基づき行ったものであることを追認したものとみなします。

4. 本規約は、特約条項記載の各サービスを含む全ての本サービスの利用に適用されます。本サービスのうち、特約条項記載のサービスについては、当該サービス固有の利用条件が定められている場合があります。本規約と当該サービス固有の利用条件が異なっている場合には、特段の定めがない限り、当該サービスに関しては当該サービス固有の利用条件が本規約に優先して適用されるものとします。

第2条(本サービスの提供)

1. 当社は、お客様に対し、本規約、本サービスに関連するその他の規約・プライバシーポリシー等及び本サービス内に掲載される利用条件に従って本サービスを提供します。

2. お客様は、本サービスを利用するにあたり、必要なパーソナルコンピュータ、情報端末、携帯電話機、通信機器、通信手段、通信環境及び電力などを、お客様の費用と責任で用意しなければなりません。

3. お客様が本サービスを利用するにあたって、お客様のスマートフォン端末に内蔵されているアプリケーションのデータ並びに外部の電子機器(以下「外部機器」といいます)で計測したデータを、お客様がダウンロードした本サービスにかかるアプリケーション(以下「本アプリ」といいます)と連携するためには、対象となる外部機器の他、別途本アプリ内に記載する性能を満たす情報端末及びソフトウェア等が必要となります。これらの外部機器、情報端末及びソフトウェア等については、お客様の責任と費用で準備して頂く必要があります。

4. CARADAの法人・団体等向けサービスをご利用いただける方は、CARADAの法人・団体等向けサービスに関する契約を締結した法人・団体等の申込者様(以下「申込者」といいます)が指定して、CARADAの法人・団体等向けサービスの利用を認めた個人のお客様に限られます。

5. 申込者と当社との間でのCARADAの法人・団体等向けサービスに関する契約が終了した場合等には、お客様はCARADAの法人・団体等向けサービスを利用できません。ただし、本サービス利用規約に同意いただいた当社ヘルスケアサービスのご利用を継続していただくことは可能です。

6. CARADAの法人・団体等向けサービスの提供終了後に、当社ヘルスケアサービスの利用を継続していただく場合、栄養コーチ等の有料サービスについてはお客様ご自身に利用料をお支払いいただく必要があります。その場合、別途お手続が必要になる事項が生ずる場合があります。

7. お客様の歩数、心拍数、体脂肪率、検査値等の活動量や心身・健康等に関する情報(以下「バイタルデータ等」といいます)は、本アプリとお客様のスマートフォン端末に内蔵されているアプリケーション並びに外部機器と連携させることによって、又は、お客様ご自身が入力することによって、お客様の情報端末及びCARADAプラットフォームに登録され、お客様はこれを本サービス内で閲覧することができます。

8. お客様が医療機関等で受診した健康診断や臨床検査(以下「健康診断等」といいます)の結果については、次のいずれかの方法により閲覧することができます。

お客様が健康診断等の結果が記載された用紙等(以下「健診結果用紙等」といいます)の画像を、本アプリを用いて撮影することにより、当該画像データをCARADAプラットフォームに登録し、本サービスにおいて閲覧する方法

健診結果用紙等にQRコードが記載されている場合は当該QRコードを本アプリを用いて健康診断等の結果にかかるデータ(以下「健診データ」といいます)を読み取ることにより、当該健診データをCARADAプラットフォームに登録することで、本サービスにおいて閲覧する方法。なお、本サービスにおいてQRコードによって読み取ることのできる健診データには数値化されない検査結果(MRI写真等)は含まれません。その他、QRコードによって健診データを読み取ることのできる健康診断等の種類や項目についての詳細は、本サービス内のご利用ページをご覧ください。

当社が、申込者より、お客様に関する健診データの電子保管の委託を受けている場合、お客様が、CARADAの法人・団体等向けサービスを利用し、ご自身の本サービス上で、申込者が既に保有する健診データ及び今後申込者が保有する健診データを閲覧・ご利用いただくにあたって、当該健診データを、本サービスを通じて申込者から取得し当該データを登録していただく方法。

9. お客様が医療機関等連携サービスを導入した医療機関等を受診する場合、次の方法で開示機能を利用することにより、CARADAプラットフォームに登録された健康診断等の結果にかかるデータを医師等に閲覧させることができます。 なお、当社は医師等の情報取扱にかかる行為については、一切責任を負いません。

お客様が発行された番号を医師等に伝え、医療機関等の端末に医師等が該当の番号を入力して情報取得し閲覧する方法 (特定の項目のみを除外することはできません)

10. 医師等が、前項の番号を用いて、情報を閲覧することができる期間は、番号発行から12時間以内となります。番号発行から12時間を経過し有効期限が切れた後に、再度医師等に情報を閲覧させたい場合には、再度番号を発行することで再開が可能となります。

11. お客様による番号発行後に、その番号を削除することはできません。お客様は発行された番号を自己の責任のもと管理するものとします。

12. お客様がご利用する情報端末によっては、本サービスの一部がご利用できない場合があります。

13. 当社は、本サービスを利用してお客様の情報端末に表示されるページに当社や第三者の広告を掲載することができるものとします。

14. 別段の定めがある場合を除き、お客様が本アプリを削除した場合でも、当該本アプリを利用する本サービスの提供は終了せず、お客様は再度当該本アプリをダウンロードすることにより、いつでも本サービスを利用することができます。お客様が当該本サービスの終了を希望される場合については当該本サービスの利用ページをご確認ください。

15. 外部連携サービスを利用している場合、外部連携サービス側の利用を終了したときは、本サービスの提供も終了するものとします。

16. 当社は、本サービスを提供するために必要となる業務の全部又は一部を第三者に委託することができるものとします。

第3条(アカウント・パスワード等の管理)

1. 本サービスをご利用いただくにあたっては、お客様は、当社所定の方法により会員登録を行い、当社又は当社が指定する本サービスと連携可能なサービスを運営する者よりIDの発行を受け、パスワードを設定する必要があります(以下、IDとパスワードを合わせて「CARADAアカウント等」といいます)。

2. お客様は、前項の会員登録に際して、最新かつ正確な情報を登録する必要があります。お客様は、登録した情報に変更があった場合、直ちに当社所定の方法により変更手続きを行うものとします。なお、お客様が変更手続きをしなかったことにより、お客様に損害その他の不利益が生じた場合であっても、当社は一切の責任を負いません。

3. お客様は、お客様のCARADAアカウント等について、自己の責任において厳重に管理しなければなりません。万一、第三者がお客様のCARADAアカウント等を使用して本サービスへログインし、又は本サービスの利用(なりすまし行為等の不正利用を含みます)を行った場合、当社は、当該ログイン又は利用をお客様による利用とみなすことができるものとします。

4. お客様は、お客様のCARADAアカウント等の情報が漏洩し、盗用され、若しくは第三者に利用されたりしていること、又はその恐れがあることが判明した場合、又は、当社所定の手続に従って認証・認可された情報端末を紛失した場合には、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社の指示に従うものとします。この場合において、第三者がお客様の個人情報を入手、漏洩又は毀損したこと等により、お客様に損害その他の不利益が生じた場合であっても、当社は一切の責任を負いません。

5. アカウントは、他のお客様に対して譲渡・貸与、他のお客様と共同利用等してはなりません。

第4条(利用料金)

お客様は、オプションとして有料で提供されるサービスを除き、本サービスを無料でご利用いただけます。なお、将来、当社又は当社と提携する第三者が、本サービスに関連する有料サービスを提供することがあります。有料サービスをご利用いただくには、別途当社又は当社と提携する第三者が定める規約にご同意頂きます。

第5条(ご利用上の注意)

1. 本サービスは、医療行為や医業を目的に行うものではありません。本サービスで提供される健康管理等に関する情報については、一般的な参考情報であり、お客様の個別のご体調や健康状況等に基づいてなされているものではありません。また、本サービスの情報は確実性、有用性、完全性を保証するものではありません。お客様はこのことを十分にご認識頂いたうえで、自己の責任において本サービスを利用してください。なお、お客様が必要と考える場合には、本サービスによる参考情報の提供の有無及びその内容にかかわらず、適切な医療機関への相談等を必ず行ってください。

2. 申込者がお客様に対して提供する健康管理等に関するサービス提供や情報配信等については、申込者がサービス主体として提供するものであり、当社が提供するものではなく、当社はサービス内容や運営には一切関与しません。また、申込者とお客様との間でやりとりされる情報の取扱については申込者が定めるポリシー等に同意の上で利用ください。お客様は、ご自身の責任において、申込者によるサービスをご利用いただくものとし、申込者のサービスに関する問い合わせ・要望等は、当該申込者に対して直接行うものとします。申込者が実施したサービス提供や情報配信等においてお客様に損害が生じたとしても、当社は、その賠償の責を負いません。また、当社が申込者の代理で情報配信等を行った場合であっても同様とします。当社は、外部機器に関する性能、不具合等の一切につき責任を負わず、当該外部機器に係るお問合せ又は苦情につきましても、お受けすることができません。また、当社は、スマートフォン端末の機種依存・個体依存による計測の正確性に関して、保証するものではありません。スマートフォン端末のセンサーはメーカー・端末ごとに異なるため、正確に計測されない場合があり、センサー自体に不具合がある端末や、センサーが利用できない端末についても正確に計測されません。

3. 情報端末のレンズや健診結果用紙等に記載されたQRコード上に埃や汚れが付着していたり、暗い場所や明るすぎる場所等で読み取ろうとしたりすると、QRコードの正確な読み取りができない場合がありますのでご注意ください。

4. 本サービスは、健診結果用紙等のペーパレス化を目的とするサービスではありません。健診データのCARADAプラットフォームへの登録後も、意図しない健診データの消失や健診結果用紙等に記載された記録と健診データとの照合等の場合に備え、お手持ちの健診結果用紙等を破棄することなくお客様ご自身の責任で保管して下さい。

5. 通信回線設備又はシステムの障害、定期的又は緊急のメンテナンスの実施、天災、事変その他の不可抗力の事態により、本サービスの一部又は全部が中断、中止されることがあります。

6. 本サービスは、日本国内における利用を想定しているものです。本サービスを海外からご利用になる場合は、一部機能がご利用になれない場合があります。

第6条(権利帰属等)

1. 当社が提供した本サービスに関連する一切の権利(著作権、商標権、特許権等の知的財産権を含みますが、これらに限りません)は、当社又は当社に権利許諾した第三者に帰属します。

2. お客様は本サービスに関する利用権を有するのみであって、所有権、知的財産権等の権利を取得するものではありません。

3. お客様は本規約にかかるいかなる権利又は義務も第三者に移転又は譲渡することはできません。

4. お客様は、本サービスを利用して投稿その他送信するコンテンツ(文書、画像、動画その他のデータを含むがこれに限りません。以下「投稿データ」といいます)について、自らが投稿その他送信することについての適法な権利を有していること、及び投稿データが第三者の権利を侵害していないことについて、当社に対し保証するものとします。

第7条(本サービスにおける情報の取扱い)

1. お客様が本アプリを用いて登録したバイタルデータ等並びに健診結果用紙等の画像データ及び健診データ、健康意識調査データ、ストレスチェックデータ(以下「CARADAデータ」と総称します)は、CARADAプラットフォーム上に保存されます。

2. 当社又は当社委託先は、CARADAプラットフォーム上に保存されたお客様のCARADAデータについて、本サービスの提供、本サービスの適切性の検証又はお客様への情報提供目的のために利用する場合があります。

3. 当社は、CARADAプラットフォーム上に保存されたお客様のCARADAデータについて、お客様が利用される当社(当社子会社を含みます)の他のサービスを当該サービスの利用目的の範囲内でお客様に提供するために、利用する場合があります。

4. CARADAプラットフォーム上に保存されたお客様のCARADAデータについては、申込者によるお客様の健康保持増進を図るため、お客様の個人情報との対応関係が排斥された統計データとして、申込者に提供いたします。

5. 別途当社と申込者との間で合意した場合、お客様に登録いただくコンディション・歩数等を含む個人情報や、サービス利用に当たって当社に提供いただく情報について、お客様から同意を得た上で申込者に提供いたします。お客様の情報に関するその他のお取り扱いについては、当社ヘルスケアサービスの各利用規約に則りお取り扱いいたします。

6. 当社は、CARADAプラットフォーム上に保存されたお客様のCARADAデータを、お客様の個人情報との対応関係が排斥された統計データとして、当社のサービスの品質向上や新サービス開発の検討目的、又は、当社若しくは当社と第三者が参画する研究目的のため、当社の連携先への報告目的のために利用する場合があります。

7. 当社は、CARADAプラットフォーム上に保存されたお客様のCARADAデータから研究開発等に必要なデータのみを抽出し、かつ特定の個人が識別できないようにした匿名加工情報(特定の個人を識別することができないように個人情報を加工して得られる個人に関する情報であって、当該個人情報を復元することができないようにしたものをいいます。以下同じとします。)を作成し、当該情報に含まれる情報の項目を公表の上、利用することがあります。また、第三者に匿名加工情報を提供するときは、提供する情報の項目及び提供方法について公表するとともに、第三者に匿名加工情報として明示します。

8. お客様が本サービスの利用終了手続きをされた場合でも、第4項乃至第7項の利用は妨げられないものとします。

9. 当社が本サービスの提供を終了し、又は、お客様が本サービスの利用終了手続をされた場合、当社は何らの通知又は承諾なくお客様のCARADAデータをCARADAプラットフォームから削除することができるものとします。

10. その他、本サービスにおける情報の取扱いについては、「CARADA」プライバシーポリシー又は関係するその他のプライバシーポリシーをご参照下さい。

第8条(禁止事項)

1. お客様は、以下に記載する禁止行為を行なってはなりません。

法令、条例、裁判所の判決、決定もしくは命令、又は法令上拘束力のある行政措置に違反する行為又はそのおそれのある行為

公の秩序又は善良の風俗を害する行為又はそのおそれのある行為

当社又は第三者の財産、信用、名誉又はプライバシーその他法令上又は契約上の権利を侵害する行為又はそのおそれのある行為

当社又は第三者になりすます行為又は意図的に虚偽の情報を流布させる行為

本サービスが予定している利用目的と異なる目的で本サービスを利用する行為

反社会的勢力に対する利益供与その他の協力行為

他人の個人情報、登録情報、利用履歴情報などを、不正に収集、開示又は提供する行為

本サービスにかかるサイトや本アプリを複製、翻案、改変又はリバースエンジニアリングする行為

当社のシステムへの不正アクセス、コンピュータウイルスの配布、当社のサーバやネットワークシステムに支障を与える行為、BOT、チートツール、その他の技術的手段を利用して当社のサービスを不正に操作する行為又は当社のサービスの不具合を意図的に利用する行為

当社による本サービスの運営又は他のお客様による本サービスの利用を妨害し、これらに支障を与える行為

上記①から⑩までのいずれかに該当する行為を援助又は助長する行為

その他、当社が不適当と判断した行為

2. 当社は、お客様が前項に定める禁止行為に該当した場合は、将来に向かって直ちに本サービスの解除を行うことができます。

3. 当社は、本条に定める解除を行った場合であっても、お客様に対する損害賠償請求権を失わないものとします。なお、この場合お客様は当社に対して損害賠償を請求することはできません。

第9条(反社会的勢力の排除)

1. お客様は、当社に対して、お客様が本規約に同意した日及び将来にわたって、自己が次の各号に掲げる者(本規約において、「反社会的勢力」といいます)でないことを表明し、確約します。

暴力団、暴力団の構成員(準構成員を含みます)又は暴力団の構成員でなくなった日から5年を経過しない者

暴力団関係企業

総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団又はこれらの団体の構成員

前各号に準じるもの。

2. お客様は、次の各号のいずれかに該当する行為若しくは該当するおそれのある行為を行わず、又は第三者をして行わせしめないことを相手方に対して表明し、確約します

暴力的な要求行為

法的な責任を超えた不当な要求行為

取引に関して、脅迫的な言動を行い、又は暴力を用いる行為

風説の流布、偽計若しくは威力を用いて信用を毀損し、又は業務を妨害する行為

前各号に準じる行為

3. 当社は、お客様が前2項に定める表明確約に反した場合は、将来に向かって直ちに本サービスの解除を行うことができます。

4. 当社は、本条に定める解除を行った場合であっても、お客様に対する損害賠償請求権を失わないものとします。なお、この場合お客様は当社に対して損害賠償を請求することはできません。

第10条(お客様の責任)

1. お客様は、お客様ご自身の責任において本サービスを利用するものとし、本サービスにおいて行った行為及びその結果について一切の責任を負うものとします。

2. 当社は、お客様が本規約に違反して本サービスを利用していると認めた場合、事前にお客様に通知することなく、本サービスの全部又は一部の利用停止、その他当社が必要かつ適切と判断する措置を講じることができます。ただし、当社は、お客様による違反を防止又は是正する義務を負いません。

3. お客様は、本サービスを利用したことに起因して(当社がお客様による本サービスの利用を原因とするクレームを第三者より受けた場合を含みます)、当社が直接的もしくは間接的に何らかの損害(弁護士費用の負担を含みます。)を被った場合、当社の請求にしたがって直ちにこれを補償しなければなりません。

4. お客様は、本サービスから入手した情報をお客様の私的利用範囲に限り利用することが可能であり、営利、非営利を問わず、お客様が自己の事業のために利用することはできません。

第11条(当社の免責)

1. 当社は、本サービスに事実上又は法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害などを含みます)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。当社は、お客様に対して、これらの瑕疵を除去して本サービスを提供する義務を負いません。

2. 当社は、本サービスに起因してお客様に生じたあらゆる損害(直接的又は間接的に発生する一切の損害(疫病の発症、悪化及びそれに伴う事故、怪我)及び第三者からなされる請求を含みます)について一切の責任を負いません。ただし、本サービスに関する当社とお客様との間の契約(本規約を含みます)が消費者契約法に定める消費者契約となる場合、この免責規定は、同法に違反しない限度で適用されるものとします。

3. 前項のただし書に定める場合であっても、当社の債務不履行又は不法行為によりお客様に生じた損害の賠償は、当社が当該債務不履行又は不法行為にかかる本サービスに関してお客様から受領した利用料(年額)を上限とします。ただし、当社の故意又は重大な過失に基づく損害についてはこの限りではありません。

4. 当社は健康診断等及び健康診断等の結果をQRコードへ加工する過程には一切関与しておりません。健康診断等の結果やQRコード自体の正確性には一切責任を負いません。

5. 当社は、CARADAプラットフォームにおけるデータ保存の完全性を保証しません。当社の故意又は重過失に基づく場合を除き、当社は、データの消失・破損・漏洩等についてお客様に対して責任を負いません。

6. 当社は本サービスからお客様が期待する結果を得られることにつき保証するものではありません。お客様は、本サービスにより得た情報をお客様ご自身の判断と責任においてご利用下さい。

7. お客様が、本サービスを利用することにより、第三者に対し損害を与えた場合、お客様は自己の費用と責任においてこれを賠償するものとし、当社には一切迷惑をかけないものとします。

8. 他の事業者が運営するシステム及びネットワークまたは申込者等との間で紛争が生じた場合は、お客様の責任と費用負担においてこれを解決していただくものとし、当社は一切責任を負わないものとします。

第12条(解約手続)

お客様が本契約を解約し本サービスの利用を終了する場合には、当社所定の手続によらなければならないものとします。

第13条(利用の一時的制限)

1. 当社は、お客様が以下のいずれかに該当する場合は、お客様に対して事前に予告することなく、お客様による本サービスの利用を一時的に制限することがあります。

ワーム型ウィルスの感染、大量送信メールの経路等により、お客様の個人認証情報が関与することにより第三者に被害が及ぶおそれがあると判断した場合

利用状況、当社に寄せられた苦情等から、お客様の個人認証情報が第三者に無断で利用されたと推測される場合

お客様に対し、電話・FAX・電子メール等による連絡がとれない場合

お客様宛てに発送した郵便物が当社に返送された場合

上記各号の他、当社が必要と認めた場合

2. 当社が前項の措置をとったことによりお客様に損害が発生したとしても、当社は一切の責任を負わないものとします。

第14条(利用停止措置)

1. 当社は、お客様が以下のいずれかに該当する場合、お客様に対して事前に予告することなく、お客様による本サービスの全部又は一部の利用を停止し、お客様との間の本契約を解約し、その他当社が必要かつ適切と判断する措置を講ずることができるものとします。ただし、当社は、お客様による違反を防止又は是正する義務を負わないものとします。

お客様が実在しないことが判明した場合

お客様が死亡した場合

本規約のいずれかの条項に違反した場合

登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合

複数のアカウントを故意に作成した場合、またその疑いがある場合

パスワードを不正に使用した場合

3年以上本サービスの利用が無い場合

本サービスによって提供された情報を不正に使用した場合

第12条に定める禁止行為を行った場合

前条第1項に定める状況が生じた後3か月が経過しても当該状況が解消されない場合

その他、当社がお客様による本サービスの利用又は本契約の継続を適当でないと判断した場合

2. 当社が前項に定める措置をとった場合、当社は当該理由を開示する義務を負わないものとします。

3. 当社が第1項の措置をとったことによりお客様に損害が発生したとしても、当社は一切の責任を負わないものとします。

第15条(本サービスの中断、終了)

1. 当社は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、お客様に事前に通知することなく、一時的に、本サービスの全部又は一部の提供を中断又は終了することがあります。

本サービス用設備等の保守を定期的に又は緊急に行う場合

火災、停電、不正アクセス等により本サービスの提供が出来なくなった場合

地震、噴火、洪水、津波等の天災により本サービスの提供ができなくなった場合

戦争、動乱、暴動、騒乱、テロリズム、労働争議等により本サービスの提供ができなくなった場合

重大な疫病、パンデミック、その他の不可抗力、法令の制定・改廃・公権力による命令・処分、輸送機関・通信回線等の事故等により本サービスの提供ができなくなった場合

その他、運用上又は技術上当社が本サービスの一時的な中断が必要と判断した場合

2. 当社は、当社の都合により、本サービスの全部又は一部について、その内容を変更し、提供を開始せず、又は提供を終了することができるものとします。

3. 当社は、本条に基づき当社が行った措置によりお客様又は第三者に損害が発生したとしても、当社は一切の責任を負わないものとします。

第16条(本規約の変更・廃止)

1. 当社は、合理的な予告期間をおいてお客様に対し通知することで、本規約を改訂、追加、変更又は廃止することができるものとします。お客様は、最新の本規約を本サービス上でご確認いただくことができます。

2. 変更後の本規約は、前項に定める予告期間の経過をもってその効力を生じるものとし、お客様が本規約の変更後も本サービスを利用した場合、変更後の本規約について同意をしたものとみなします。

第17条(準拠法)

本サービスのご利用及び本規約の解釈・適用は、日本法に準拠するものとします。

第18条(協議・管轄)

1. 本規約に定めのない事項については、当社ヘルスケアサービスの各利用規約が適用されます(利用料金に関する規定は、申込者が利用料金を負担する場合には適用されません)。

2. 本規約及び当社ヘルスケアサービスの各利用規約に定めのない事項または本規約及び本サービスに関する規約の各条項の解釈に疑義を生じた場合には、お客様と当社で誠意をもって協議するものとします。

3. 本条の規定に拘らず、本サービスに関し、お客様と当社の間に紛争が生じた場合には、その訴額に応じ、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする訴訟により解決するものとします。

※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

以上

2015年11月16日制定

2016年06月28日改定

2016年11月17日改定

2017年02月01日改定

2017年05月09日改定

2018年07月31日改定

2019年06月14日改定

2020年03月02日改定

2021年02月16日改定

2021年02月18日改定

2021年05月11日改定